space
July 18, 2017
From Shop..."JANE D'ARENSBOURG -interview-"



こんにちは。
ギャルリー・ヴィー 新宿伊勢丹店では7月19日(水)〜8月8日(火)までの期間中、
ニューヨーク在住のジュエリーアーティスト"JANE D'ARENSBOURG(ジェーン ダレンスブルグ)"のPOP UPイベントを開催いたします。

ガラスを用いた有機的なデザインが印象的なジュエリーの数々。
今回はデザイナーのJane D'Arensbourg氏にお話を伺いました。


gv_170718_message_01_a.jpg

Jane D'Arensbourg / ジェーン・ダレンスブルグ


Q1・あなたにとってのスタンダードなアイテムは?

gv_170718_message_02_b.jpg

私にとってのスタンダードアイテムは、ガラスの連なったチェーンシリーズとメタルシリーズ。
最近はよくスーパーロングチェーンイヤリング(写真参照)とチェーンネックレスをローテーションで身につけています。
また、ロンバスリング(写真参照)は特に気に入っていて、この半年間ずっとつけています。
私にとってチェーンシリーズはエンドレスにデザインが広がるインスピレーションとなり、
手元のリングはいつでも身につけていたい小さな彫刻。
家から出るときには必ずこれらを身につけて出かけています。
My most standard item is stacking glass and metal rings. I rotate through wearing all the jewelry I design and usually alternate between wearing super long glass earrings or a glass necklace. Every single day I also always wear my stacking glass and metal rings. My favorite style that I have been wearing for the past six months is the rhombus ring in sterling silver stacked with the jet-black and clear glass rhombus ring. I never ever leave the house without my metal and glass stacked rings. I feel like my rings are tiny sculptures, and the stacking combinations are endless.


Q2・どんな女性に憧れますか?どんな女性でありたいですか?
もしくは憧れ、尊敬する女性は?

自然と一番最初に思い浮かぶのは、"Georgia O'Keef(ジョージア・オキーフ)"という画家です。
彼女の強さ、スタイルのセンスに憧れています。
つい先日ブルックリンミュージアムで行われたGeorgia O'Keefの展覧会へ行き、
ニューメキシコにある彼女の美しい家での写真や、身につけていたものに刺激を受けました。
いつでも自然体でエフォートレス。
それでいてとても女性らしさが香る、独特のエレガンスを感じました。
The artist Georgia O'Keefe is the first woman that comes to mind when imagining the ideal woman. I admire her independence and strong sense of style. I just recently saw her show at the Brooklyn Museum, which had many pieces of O'Keefe's clothing along with photos of O'Keefe in her beautiful New Mexico home. She always looked effortlessly put together and comfortable. There is an elegance about her which is so ultra feminine in a feminist kind of way.


Q3・生活する中で大切なことは?好きなことは?

今を大切に生きるということ。
そして些細なことでも当たり前と思わず、周りへの感謝を忘れないこと。
私にはレストランを経営するシェフの夫と息子がいます。
創造する仕事はどうしても時間がかかるので、自分の時間はほとんどを仕事に継ぎやしますが、
子供と過ごす何気ない癒しの時間も大切です。
好きなことを仕事に出来るのは本当に幸せなことですが、仕事ばかりに没頭しすぎないよう調整をしています。
The most important thing for me in my life is to live in the present and not take little moments for granted. I have a son, my husband is the chef and owner of a restaurant, and my career takes up a-lot of my time. My life is so full, and I feel very lucky to be doing what I love to do every day. I try to make sure to have a balanced life and not slip into working all the time. Having a child is a daily reminder to slow down and enjoy simple moments in life.


Q4・スタイルのある女性とはどんな女性だと思いますか?

私が思うスタイルのある女性は、
人にどう思われようが気にしない、強い個性を持つ人。
トレンドに左右されることなく、自分が着たいものを選ぶことのできる人です。
A woman with their own style is a woman that has a strong sense of self and could care less what others think of them. She is a woman that doesn't follow trends. She follows her heart when choosing pieces to add to her wardrobe.


Q5・ファッションは自分にとってどんな存在ですか?

ファッションは刺激をくれるもので、いつもアイデアとして吸収しています。
ただ、ファストファッションのように消費されるファッションは無駄だと思います。
最近ではきちんと地球環境を考慮した会社やアーティストも多いです。
彼らのユニークなアイデアで永く使えるよう丁寧に作られたもの目にすると、嬉しい気持ちになります。
I feel that the idea of fashion is always evolving, and this excites me. I see the shift away from fast fashion, and wasteful consumption. More companies are producing their work in an ethically conscious way; thinking of the people producing their work as well as the planet. I'm happy to see more people seeking out unique well-crafted designs that will last.


彼女のクリエーションはジュエリーにとどまらず、
工芸やランプなど、製作の幅を広げ、独自の感性を発信し続けています。

イベント期間中は夏の新作を含め、選りすぐりのアーカイブアイテムと、
繊細なガラスアート作品も合わせてご覧いただけます。

この機会にぜひ、独創的な世界観をお楽しみください。
ご来店心よりお待ちしております。


Jane D'Arensbourg
サンフランシスコで彫刻やガラス吹きを学び、1999年にニューヨークへ移住。
手掛けた彫刻作品の多くをギャラリーや美術館に出品し、
2001年に自身のブランド"Jane D'arensbourg"をスタート。
彫刻製作で得たスキルとアイデアを活かしたユニークなフォルムのジュエリーを生み出しています。
Jane D'arensbourg Official site


[ギャルリー・ヴィー 新宿伊勢丹店]
新宿区新宿3-14-1 新宿伊勢丹店本館 2F アーバンクローゼット
TEL.03-3358-4355
営業時間 10:30~20:00


伊勢丹Official Site
GALERIE VIE Shop Locator
GALERIE VIE Instagram


« Back